メソセラピーの効果・口コミ・体験談・失敗例・副作用

メソセラピーの成分

メソセラピーの効果や口コミ、体験談、失敗例、副作用、メリット、デメリットなどについて紹介しています。

メソセラピーの成分

 

メソセラピーは、気になる脂肪に注射をするだけで、脂肪を分解し、スリムなスタイルを手に入れることができる方法です。

 

メソセラピーは、切らない脂肪吸引と言われている方法です。

 

メソセラピーで注入する成分は、フォスファチジルコリンです。

 

フォスファチジルコリンと言うと馴染みがない成分のように思えますが、大豆に含まれるレスチンがフォスファチジルコリンと同じ成分です。

 

フォスファチジルコリンには、脂肪を溶かし、乳化する働きがあります。

 

大豆をたくさん食べても脂肪を分解することはないのですが、脂肪に直接フォスファチジルコリンを注入すると、脂肪を溶かすことができるのです。

 

その他には、ヒアルロニダーゼと言うセルライトを溶かすことができる成分や、アミノフィリンと言う血流を改善し代謝を上げてくれる成分が配合されています。

 

溶けた脂肪は老廃物として排出されるのですが、L−カルニチンは、溶かされた脂肪を取り除くのをサポートしてくれる役割があります。

 

そして、リドカインは、痛みを軽減してくれる麻酔のような働きをしてくれます。

 

主にこれらの成分がメソセラピーに使用されているのですが、クリニックによって使われている成分や配合は異なります。

 

クリニックによってはそれぞれの脂肪の状態によって、成分を変えているところもあるようです。

 

メソセラピーの詳しい成分は、クリニックで確認してみるといいでしょう。

 


 
Copyright (C) メソセラピーの効果・口コミ・体験談・失敗例・副作用 All Rights Reserved.