メソセラピーの効果・口コミ・体験談・失敗例・副作用

メソセラピーの術後の症状

メソセラピーの効果や口コミ、体験談、失敗例、副作用、メリット、デメリットなどについて紹介しています。

メソセラピーの術後の症状

 

メソセラピーは、一般的な脂肪吸引とは違い、麻酔をかけることもないですし、皮膚を切開することもありません。

 

脂肪を吸引する必要もなく、脂肪溶解剤を注入するだけでいいという、リスクの少ない部分痩せ法です。

 

メソセラピーは、注射を打つだけなので、10程度の短時間で施術が終わるのも、体に負担がなく嬉しいですね。

 

そんなメソセラピーですが、体に変化を与えるものですから、術後に痛みや腫れなどが起こる場合があります。

 

脂肪溶解剤には、麻酔の成分も含まれているので、その麻酔が切れたころから、筋肉痛のような痛みや、動く度にずんずんと響くような痛みがある人もいるようです。

 

また腫れや内出血なども起こりますが、それらはだいたい1週間ほどで治まってくるようです。

 

施術した日は入浴はできないのですが、シャワーを浴びることは可能です。

 

痛みがあると、運動をする気にはならないと思いますが、激しい運動は避け、できれば安静にしていた方が、痛みや腫れが治まりやすいようです。

 

そして、この症状が治まると脂肪が吸引され始め、効果を感じることが出来るようになるそうです。

 

術後の症状は脂肪の量や部位、個人差も大きいものなので、酷い人は痛みや腫れが強くて仕事にも行けない人もいるようです。

 

施術前にどんな症状が起こりやすいのかなどをしっかりと聞き、気になる症状がある場合にはクリニックを受診するといいでしょう。

 


 
Copyright (C) メソセラピーの効果・口コミ・体験談・失敗例・副作用 All Rights Reserved.