メソセラピーの効果・口コミ・体験談・失敗例・副作用

メソセラピーとボトックスの違いは何ですか?

メソセラピーの効果や口コミ、体験談、失敗例、副作用、メリット、デメリットなどについて紹介しています。

メソセラピーとボトックスの違いは何ですか?

 

メソセラピーは、気になる部分の脂肪に薬剤を注入することで、部分痩せが可能な方法です。

 

注射をするだけなので、施術も短いですし、体に負担が少ないので人気が高まっています。

 

ただ、1度の施術で溶解できる脂肪の量は限られているので、何度も施術を行わなくてはいけないというデメリットがあります。

 

ボトックスは、メソセラピーと同じで注射を行います。

 

メソセラピーは脂肪溶解剤を注射するのですが、ボトックスはボツリヌス毒素を注入します。

 

毒素を肌に注入することで、神経伝達が抑制され、シワやたるみなどを解消できるのです。

 

その他にも小顔効果やふくらはぎ、二の腕にも効果があるようです。

 

特に固太りの人に効果的なようです。

 

ボトックスも注射なので、10分ほどの短時間で施術ができます。

 

ボトックスもメスを使用しない方法として、安全性が高い治療法と言われています。

 

ですが、ボトックスの製品によっては不純物が含まれていることもあるようですし、医師の技術も重要となるようです。

 

トラブルが起こらないわけではないので、しっかりとカウンセリングを受けてから、納得して施術を受けるようにしましょう。

 

料金はボトックスの方が少し高めに設定されているようですが、クリニックによって違いがあるので、確認してみることをオススメします。

 


 
Copyright (C) メソセラピーの効果・口コミ・体験談・失敗例・副作用 All Rights Reserved.