メソセラピーの効果・口コミ・体験談・失敗例・副作用

メソセラピーの安全性

メソセラピーの効果や口コミ、体験談、失敗例、副作用、メリット、デメリットなどについて紹介しています。

メソセラピーの安全性

 

メソセラピーは、もともとは医療現場で利用されていました。

 

ですが、注入する薬剤を変えると脂肪を減らす効果があることがわかり、切らない脂肪吸引として注目されています。

 

ただ、薬剤を注入することに不安を感じてしまう人もいるでしょう。

 

脂肪を溶かす薬剤と聞くと、危険がないのか気になってしまいますよね。

 

メソセラピーに使われている脂肪溶解剤には、レシチンという成分を使用しています。

 

レシチンは、大豆に含まれているアミノ酸の一種です。

 

大豆由来の自然の成分なので、薬剤といっても体にとって悪いものではありません。

 

大豆アレルギーがある人にはメソセラピーはできませんが、それ以外の人には安全な方法です。

 

このレシチンは高脂血症の治療にも利用されているのです。

 

レシチンは、大豆の成分なので、大豆を食べると脂肪が溶解されるかというとそうではありません。

 

食べたり塗ったりするだけでは吸収が難しい成分なので、大豆を食べたからといって、脂肪溶解効果はないのです。

 

しかし、体の中に直接注入することで、効果を発揮するのです。

 

安全と言われても、どんな成分が入っているのかを知らないと、不安になってしまいますよね。

 

メソセラピーに使用されている成分は、クリニックによって少し違いがあったりします。

 

ですから、施術を受ける前にどんな成分が入っているのかということを確認してみると、安心して施術を受けることができるのではないでしょうか。

 


 
Copyright (C) メソセラピーの効果・口コミ・体験談・失敗例・副作用 All Rights Reserved.