メソセラピーの効果・口コミ・体験談・失敗例・副作用

メソセラピーの副作用

メソセラピーの効果や口コミ、体験談、失敗例、副作用、メリット、デメリットなどについて紹介しています。

メソセラピーの副作用

 

メソセラピーは、世界中で注目されている脂肪吸引法です。

 

気になる部分の脂肪をピンポイントで減らすことができ、一般的な脂肪吸引よりも体の負担が少ない方法で、日本でも人気が高まっています。

 

メソセラピーは安全性が高い方法ですが、体に変化を与えるのですから、少なからずリスクがあるものです。

 

メソセラピーを受けたいと思っている人はメリットだけではなく、リスクや副作用のこともしっかりと知っておきましょう。

 

まず、メソセラピーは、脂肪吸引と違い、皮膚を切開したり脂肪を吸い取るということはありません。

 

しかし、薬剤を注入するのですから、施術中に多少の痛みは伴います。

 

薬剤の中に麻酔の成分が入っているので、多少は痛みがやわらげられているのですが、麻酔が切れた後に痛みを感じる人もいるようです。

 

また、施術後にも腫れや赤身、内出血を起こしてしまう人もいるようです。

 

ダウンタイムは1週間と、やはり脂肪吸引よりは少ないのですが、それでも筋肉痛のような痛みがあったり、体を動かしたり歩いたりするだけで、響くような痛みを感じる人もいるようです。

 

痛みの感じ方や、副作用などは個人差があるのですが、痛みや腫れがあり、仕事にも行けなかったなどという人もいるようです。

 

一般的な脂肪吸引よりもリスクは少なく安全といされているメソセラピーですが、受ける前には、このような副作用があることも知り、しっかりと医師と相談をすることをオススメします。

 


 
Copyright (C) メソセラピーの効果・口コミ・体験談・失敗例・副作用 All Rights Reserved.